運動不足

運動不足が原因のニキビ

運動不足もニキビの原因の一つと言われています。

 

ニキビ跡を治すことも重要ですが、また新たにニキビを作らないようにすることも大切です。

 

苦労してニキビ跡を治しても、またニキビが出来てしまったら同じことの繰り返しです。

 

なぜ運動不足がニキビをつくってしまうのかというと、運動不足が原因でホルモンバランスを崩し、血液の循環を悪くして新陳代謝を低下させるために肌のターンオーバーが間に合わなくなり、皮脂や老廃物が毛穴につまってニキビができやすい状態の肌になってしまうのです。

 

 

ニキビができるだけではありません。運動不足で新陳代謝が悪くなると肌の抵抗力やバリア機能も低下して、その結果、一気に肌の老化が進んでしまうのです。

 

つまり運動不足を解消することは、肌にとってとても重要なことなのです。

 

しかし、いきなり毎日運動をするということは難しいことでしょう。なので、週に2~3回軽くウォーキングやジョギングをしたり、休みの日に散歩したり、ちょっと早起きして通勤中に一駅歩くなど、運動は継続することが一番大切なので、無理をしない程度に始めてみるのがいいでしょう。

 

寝る前の軽いストレッチや朝起きて、ゆっくり深呼吸するだけでも効果があります。

 

新陳代謝を上げる運動として有酸素運動を行うことがもっとも効果があり、ウォーキングやジョギングや水泳などが代表的な有酸素運動です。

 

家庭でも行える器具を使った有酸素運動としてステッパーなどがあります。運動不足を解消して、ニキビのできにくい肌づくりをしましょう。

 

 

<< リプロスキン │ トップページに戻る │ ニキビと睡眠 >>