ニキビと食べ物の関係

ニキビに良い食べ物、悪い食べ物って何ですか?

あなたは食生活を軽く見ていませんか?

 

食べ物は身体の資本です。ニキビと食生活は関係しています。

 

全ての身体の不調や好調は食べ物によって左右されると言っても過言ではありません。

 

よくチョコレートを食べ過ぎるとニキビができるといいますがチョコレートがニキビを作るのではありません。チョコレートに含まれる脂質が皮脂の分泌を促し、結果、あまり質のよくない脂が溜まることによってニキビに繋がるのです。

 

脂質の多い食べ物を食べ過ぎるとニキビはできやすくなりますが、脂っこいものを食べなければいいのかといえばそうではなくバランスの取れた食事を取ることが必要です。

 

また、ビタミンCなどの美容によいとされる食べ物はニキビを作らない肌を育ててくれます。

 

ニキビによいとされている食べ物は、免疫を強くするもの(菌の繁殖を防ぐ)、皮脂が酸化するのを防ぐもの、新陳代謝をよくするもの(毛穴の詰まりをなくす)などが挙げられます。

 

ニキビに良い食べ物

ニキビに良い食べ物、悪い食べ物って何ですか?

具体的には、柑橘系やキウイなどのフルーツ、キャベツや小松菜、かぼちゃなどの野菜と健康によさそうだなと思いつくものは大体効果があります。

 

お肉では鶏肉やレバー、豚のもも肉がビタミンの摂取によいとされています。

 

他にもビタミンやベータカロテンが含まれる食品はニキビにも効果的とされています。

 

すぐに効果が発揮されるものではありませんが、毎日バランスのよい食事を摂り続けることでニキビの出来にくい肌を作ることはできます。

 

 

さらに健康にもよいので体内からきれいになりたい人は是非食事を見直してみましょう。

 

 

 

<< ニキビ対策 │ トップページに戻る │ 便秘とニキビ >>