睡眠は肌にとって大切です

ニキビと睡眠 | お尻・黒ずみ

あなたは睡眠はしっかりと取れていますか?

 

もし、そうでないのなら、これからはお肌のためには睡眠をとった方がよいでしょう。

 

ニキビと睡眠には切っても切れない深い関係があります。そもそも人間が生きていく上で睡眠というのは必要不可欠な行為です。

 

睡眠は肌の調子を整えるのにも必要な要素なのです。

 

肌のターンオーバ(肌が生まれ変わる周期)は約28日で一回りすると言われていて女性の生理周期と似たような間隔で訪れます。

 

このターンオーバによって毛穴に詰まった皮脂なども一度きれいになることでニキビができにくい肌が作られていきます。

 

逆に言えばニキビによってできた跡などもこのターンオーバの周期をいくつか過ぎなければ治らないということになります。このターンオーバの周期が乱れないようにするためにも睡眠が大切なのです。

 

就寝時間や起床時間がいつもバラバラだったり、睡眠時間も十分に取れていないと肌のターンオーバは狂っていき、一回転するのに長くかかってしまうとニキビになりやすくなってしまいます。

 

人によって十分な睡眠時間というのはまちまちですが一般的には6時間は最低睡眠をとらないと身体に不調が出てくるとされています。

 

特に午後22時から翌日午前2時の4時間はゴールデンタイムといいその時間に様々な細胞が作りかえられるとされています。

 

子どもがこのゴールデンタイムで背が伸びるというのも同じ原理です。

 

なかなか夜22時になると言うのは難しいですが、お休みの日などできそうなときにやっているといいかもしれません。

 

ニキビにも睡眠は効果的です。睡眠不足だなというときにはニキビや肌の調子が悪くなってはきませんか。

 

そんなときは肌に対して何か塗ったりするよりも、しっかりと寝るだけでよくなることもあるかもしれませんよ。

 

 

<< 運動不足とニキビ │ トップページに戻る │ ニキビとストレス >>