お尻ニキビはストレスが原因

お尻ニキビの原因 | ストレス・血行不良・新陳代謝・角質肥厚

お尻にニキビができる理由、第三弾となる最後は『ストレスによるお尻ニキビ』のお話です。

 

ニキビというと、顔にできるニキビのことを指している場合が多く、顔にできるニキビの原因を突き止めようといろいろ調べていると必ず出てくる『ストレス』の文字。

 

ストレスがニキビの大敵だということは一度でもニキビに悩まされたことがある方はご存知だと思いますが、なぜストレスはニキビに害をもたらしてしまうのでしょうか?そして皮脂の分泌が多いわけではないお尻にできるニキビとストレスの関係とは一体なんなのでしょう?

 

まず前者についてさらっとお話していきます。
人はストレスを感じると体内のホルモンバランスが崩れてしまいます。この、ホルモンバランスの崩れが皮脂の過剰分泌を生み、過剰に分泌された皮脂が毛穴に蓄積されニキビのもととなるのです。

 

ストレスによりニキビができる理由は上の通りです。これはもちろんお尻にできるニキビも同じです。

 

しかし、お尻はもともとそこまで皮脂分泌量が多い部位ではありません。

 

そのため皮脂が原因となってできるニキビより、ストレスのもうひとつの害である『血行不良』によってできるニキビのほうが多いと思われます。

 

人の体はストレスを感じると体が緊張状態になり、その影響で血管は収縮します。血管が収縮すると血流は阻害され、血行不良状態になってしまい、様々な影響が出ますがお肌への影響でいうと『新陳代謝』が低下します。

 

この血行不良による新陳代謝の低下がお尻の角質肥厚(かくしつひこう)を招き、ニキビの発生の原因となるのです。角質肥厚とは古い角質が肌に溜まって角質層が分厚くなってしまった状態のことです。

 

| トップページに戻る |

お尻ニキビの原因 | ストレス・血行不良・新陳代謝・角質肥厚関連ページ

お尻ニキビは放置しても大丈夫?
お尻にニキビができやすい。椅子に座ると痛くてたまらない。これは汚いお尻になる人のパターンです。綺麗なお尻を目指すならお尻専用のニキビケアを使うことがオススメです。
お尻ニキビの原因 Vol.1
お尻のニキビは、顔のニキビとは少し違った発生理由があります。ニキビの再発を防止するためにも、どのようなことがおしりニキビの原因となるのかを知りましょう。
お尻ニキビの原因 Vol.2
ここでは、お尻の洗い、すすぎ不足など、不適切なケアにより発生するニキビについて解説します。
お尻ニキビの治療法
お尻ニキビを自宅で治したいなら、ケア用品の選び方が大切です。ご存知のようにお尻は、下着や洋服に包まれた独自の環境の中にいます。湿気や椅子、自転車のサドルなどによる摩擦も多い特殊な場所です。お尻ニキビの場合はどのような製品を選ぶべきなのでしょうか。
お尻ニキビの予防
お尻ニキビの予防はとても大切です。一旦完治しても繰り返しお尻ニキビができてしまえば意味がありません。根本的にニキビができない状態にする方法をご紹介します。
お尻ニキビができた。どうやってお尻を洗えば良いですか?
お尻ニキビができたらお尻の洗い方が大切です。いや、普段から洗い方は大切です。ここでは洗い方や洗ったあとのケアの方法について解説します。
お尻ニキビと似た病気・アテローマ
ケアしてもお尻ニキビが治らない。それはもしかするとニキビではないのかもしれません。お尻ニキビとよく勘違いさるのが、アテローマ(アテローム)です。ここではこの二つの違いを解説します。