お手入れ不足になっていませんか?

お尻ニキビの原因 | ケア不足によるニキビの発生

ここではお尻にニキビができる理由第二弾をお話していきます。

 

前回はお尻の環境によりニキビができてしまう、という話でしたが、今回はお尻のケアによるニキビ発生のお話です。

 

前もお話しましたが、お尻は自分ではなかなかしっかりチェックしにくい部分です。鏡を使えばどんな状態か見ることはできますが、それもじっくり見るというよりさらっと状態を確認するくらいで、顔や胸元のように自分の目でしっかりチェックするというのは難しいものです。

 

そして、ボディケアをしているときもそれは同じです。背中ほど手が届きにくい、という訳ではありませんが、体を洗っているときでも手を使ってしっかり洗っているけれど、実際本当にキレイに洗えているかと聞かれたら『うーん…』と返事に困ってしまう人は少なくないのではないかと思います。

 

つまり、何が言いたいのかというと、お尻は体を洗うのに使ったボディシャンプーや石鹸をすすいだりするときに不十分になりがちだ、という事です。

 

洗うのが不十分だったらキレイに汚れは落ちません。すすぎが不十分だったら皮膚に残ってしまったボディシャンプーや石鹸の成分がニキビや肌荒れを引き起こしてしまうことがあります。

 

それに、そういった洗いやすすぎが不十分だということが自分ではなかなか気づけない、というのが最大の原因かもしれません。

 

ということで、お尻にニキビができる理由第二弾はお尻のケア不足によるもの、でした。

 

| トップページに戻る |

お尻ニキビの原因 | ケア不足によるニキビの発生関連ページ

お尻ニキビは放置しても大丈夫?
お尻にニキビができやすい。椅子に座ると痛くてたまらない。これは汚いお尻になる人のパターンです。綺麗なお尻を目指すならお尻専用のニキビケアを使うことがオススメです。
お尻ニキビの原因 Vol.1
お尻のニキビは、顔のニキビとは少し違った発生理由があります。ニキビの再発を防止するためにも、どのようなことがおしりニキビの原因となるのかを知りましょう。
お尻ニキビの原因 Vol.3
ストレスからくる血行不良が新陳代謝の低下を招き、角質肥厚を引き起すことになります。
お尻ニキビの治療法
お尻ニキビを自宅で治したいなら、ケア用品の選び方が大切です。ご存知のようにお尻は、下着や洋服に包まれた独自の環境の中にいます。湿気や椅子、自転車のサドルなどによる摩擦も多い特殊な場所です。お尻ニキビの場合はどのような製品を選ぶべきなのでしょうか。
お尻ニキビの予防
お尻ニキビの予防はとても大切です。一旦完治しても繰り返しお尻ニキビができてしまえば意味がありません。根本的にニキビができない状態にする方法をご紹介します。
お尻ニキビができた。どうやってお尻を洗えば良いですか?
お尻ニキビができたらお尻の洗い方が大切です。いや、普段から洗い方は大切です。ここでは洗い方や洗ったあとのケアの方法について解説します。
お尻ニキビと似た病気・アテローマ
ケアしてもお尻ニキビが治らない。それはもしかするとニキビではないのかもしれません。お尻ニキビとよく勘違いさるのが、アテローマ(アテローム)です。ここではこの二つの違いを解説します。