お尻ニキビの洗い方

お尻ニキビができた。どうやってお尻を洗えば良いですか?

今回は、ニキビを作らないためのお尻の洗い方についてお話していきます。

 

まずお尻のケアで大事なことは『きちんと丁寧に洗う』という事です。あたりまえのことですが、あなたはちゃんとできている自信はありますでしょうか。皮膚の洗浄はお肌のケアで一番のポイントです。

 

ただ、きちんと洗う、といわれるとごしごしボディタオルなどを使って強く擦ってしまう人もいるようですが、これはダメです。摩擦は皮膚の大敵です。角質がはがれ、お肌の乾燥を招いてしまいます。黒ずみの原因にもなります。

 

洗うときはお顔と同じようにたっぷりの泡でやさしくなでるようにして洗いましょう。そしてすすぎも丁寧に、『ちょっと多いかな?』と思うくらいの回数お湯で洗い流してください。

 

お風呂タイムは洗うもの大事なポイントですが、お湯にしっかり浸かるというのも大事ですね。お湯にゆっくりじっくり浸かることで体は芯から温まり、血流もよくなりますからお尻ケアにもいい効果を与えてくれます。

 

そしてお風呂から上がったら、保湿をしっかりしましょう。乾燥はニキビの大敵。お肌が乾燥してしまうと皮脂分泌も過剰になってしまいます。お肌に合ったボディクリームやジェルをやさしく塗りこんでおきましょう。

 

ちなみに厚くなった角質をはがす、ピーリングクリームやピーリング剤。これは角質が厚くなっていたり垢が溜まってお尻の皮膚がざらざらしているときなどは効果的です。いろいろな製品があるので、初めは低刺激なものから自分にあうものを探し、使用してみるといいでしょう。

 

ただピーリングは使いすぎると皮膚への刺激になって、逆効果になることもありますから使用には充分注意して下さいね。

 

│ トップページに戻る │

お尻ニキビができた。どうやってお尻を洗えば良いですか?関連ページ

お尻ニキビは放置しても大丈夫?
お尻にニキビができやすい。椅子に座ると痛くてたまらない。これは汚いお尻になる人のパターンです。綺麗なお尻を目指すならお尻専用のニキビケアを使うことがオススメです。
お尻ニキビの原因 Vol.1
お尻のニキビは、顔のニキビとは少し違った発生理由があります。ニキビの再発を防止するためにも、どのようなことがおしりニキビの原因となるのかを知りましょう。
お尻ニキビの原因 Vol.2
ここでは、お尻の洗い、すすぎ不足など、不適切なケアにより発生するニキビについて解説します。
お尻ニキビの原因 Vol.3
ストレスからくる血行不良が新陳代謝の低下を招き、角質肥厚を引き起すことになります。
お尻ニキビの治療法
お尻ニキビを自宅で治したいなら、ケア用品の選び方が大切です。ご存知のようにお尻は、下着や洋服に包まれた独自の環境の中にいます。湿気や椅子、自転車のサドルなどによる摩擦も多い特殊な場所です。お尻ニキビの場合はどのような製品を選ぶべきなのでしょうか。
お尻ニキビの予防
お尻ニキビの予防はとても大切です。一旦完治しても繰り返しお尻ニキビができてしまえば意味がありません。根本的にニキビができない状態にする方法をご紹介します。
お尻ニキビと似た病気・アテローマ
ケアしてもお尻ニキビが治らない。それはもしかするとニキビではないのかもしれません。お尻ニキビとよく勘違いさるのが、アテローマ(アテローム)です。ここではこの二つの違いを解説します。