お尻ニキビを治療する

お尻ニキビの治療法 | 自宅で治すときの注意点

お尻にニキビができてしまった場合の対処法についてお話していきます。

 

お尻にできたニキビでも顔にできたニキビでも、同じニキビですから治療法の基本は同じです。

 

しかし、中には「顔用のニキビケア用品では効果がなかった」と言われる方も少なくありません。

 

基本的なニキビケアですが、炎症があるのなら抗炎症剤を使用したり、皮膚を清潔に保って余計な刺激を与えないようにし、生活習慣を見直したりサプリメントなどで足りない栄養素を補給したりします。

 

これは皮膚科に行って治療してもらうときも自分で治療するときも方法としては同じですね。使用する薬剤の違いはありますが、基本的には違いはありません。

 

そのためお尻にニキビができてしまった場合も、まずは患部を清潔にすることから始めるといいでしょう。あわ立てた石鹸やボディソープで丁寧に洗って雑菌を落とし、保湿をしっかりしながら症状やニキビのタイプにあわせてニキビ治療薬を使用します。

 

お尻ニキビの治療法 | 自宅で治すときの注意点

ただ、お尻の皮膚は顔などと比較して表皮の厚みや置かれている環境が違います。

 

先程もお伝えしたように「顔用のニキビケア用品では効果がなかった」なんて話もよく聞きます。

 

そのため、病院に行かずに自分で治療する場合は、お尻の環境にあわせたケア用品を選んだ方がよいでしょう。

 

→お尻ニキビケアランキング!

 

それから、お尻のニキビの場合は、お尻ならではの注意点もあります。

 

できた場所にもよりますが、椅子に座るなどで刺激を与えてしまうことがあります。

 

お尻は刺激により悪化してしまうわけです。

 

例えば椅子に座るときにどうしても座面に触れてしまう場所にできた場合なんかは特にそうですね。ニキビが気になるからといって、椅子に座らず常に立ちっぱなしでいるわけにはいきませんので、難しいとは思いますが。

 

そしてお尻はどうしても衣服で蒸れてしまいがちなので、そのあたりも気をつけるといいでしょう。

 

通気性のいい下着、衣服をつけるようにするとか、座りっぱなしだと蒸れがひどくなりがちですのでストレッチをしたりして適度に態勢を変えるなどで自分にあった方法を選び、実行していきましょう。

 

│ トップページに戻る │

お尻ニキビの治療法 | 自宅で治すときの注意点関連ページ

お尻ニキビは放置しても大丈夫?
お尻にニキビができやすい。椅子に座ると痛くてたまらない。これは汚いお尻になる人のパターンです。綺麗なお尻を目指すならお尻専用のニキビケアを使うことがオススメです。
お尻ニキビの原因 Vol.1
お尻のニキビは、顔のニキビとは少し違った発生理由があります。ニキビの再発を防止するためにも、どのようなことがおしりニキビの原因となるのかを知りましょう。
お尻ニキビの原因 Vol.2
ここでは、お尻の洗い、すすぎ不足など、不適切なケアにより発生するニキビについて解説します。
お尻ニキビの原因 Vol.3
ストレスからくる血行不良が新陳代謝の低下を招き、角質肥厚を引き起すことになります。
お尻ニキビの予防
お尻ニキビの予防はとても大切です。一旦完治しても繰り返しお尻ニキビができてしまえば意味がありません。根本的にニキビができない状態にする方法をご紹介します。
お尻ニキビができた。どうやってお尻を洗えば良いですか?
お尻ニキビができたらお尻の洗い方が大切です。いや、普段から洗い方は大切です。ここでは洗い方や洗ったあとのケアの方法について解説します。
お尻ニキビと似た病気・アテローマ
ケアしてもお尻ニキビが治らない。それはもしかするとニキビではないのかもしれません。お尻ニキビとよく勘違いさるのが、アテローマ(アテローム)です。ここではこの二つの違いを解説します。