便秘が治るとニキビが治る!

便秘になるとなぜニキビができる?

ニキビと便秘は関係ないと思われますか?

 

実は、ニキビと便秘、この関係は大有りです。便秘が続くとニキビができたりと肌にもトラブルが起こる例は1つ2つではありません。

 

ニキビ側から考えるとなかなか想像がつかない組み合わせですが便秘もちの人からすると便秘によって肌トラブルが起きているというのは想像にやすいでしょう。

 

なぜ便秘になるとニキビができる?

 

なぜ便秘になるとニキビができるのかというと、便がお腹の中に溜まっていると毒素が出てくるからです。

 

本来は外へ排出されるはずのものが身体にあるので毒素やガスが発生し身体の他の部分に悪影響を及ぼしていきます。それが肌にも影響しニキビになるのです。体はつながっているということです。

 

便秘によってニキビができているときは便秘を解消したら嘘のようにニキビにならなくなったと一石二鳥の経験をするようです。

 

ニキビに悩まされている人で便秘にも悩まされているときはまずは便秘を解消してみることをオススメします。

 

便秘解消にもニキビの解消にも効果的なのは食生活の改善です。また、規則正しい生活を送ることで排便も促され、睡眠をしっかりととることでニキビも治りやすくできにくくなります。

 

便秘を改善する方法

便秘になるとなぜニキビができる?

 

便秘とニキビには関係がないように見えて実は密な関係があることがこのようなそれぞれの改善ポイントが似ていることからもわかってきます。

 

どちらも解消されれば、気持ちのよい日々を過ごすことができます。

 

もし、あなたがニキビと共に便秘に悩まされている人はまず、食生活の改善や生活習慣を見直して便秘を解消してみましょう。そうすることでニキビも自然と治るかもしれませんよ。

 

最後に便秘におすすめの健康食品をご紹介しておきます。多くの便秘の人が改善していますので一度試してみることをおすすめします。

 

 

 

<< ニキビと食べ物 │ トップページに戻る │ お尻の汗 >>